本文へジャンプ

教会の沿革

1929年・・・ ナオミ・エリザベス・シェル氏、戸畑市に移り住み、事業開始のための準備に取り掛かる。
1933年・・・ 県庁、市役所に対し、隣光舎事業を正式に届け出る。
1936年・・・ 隣光舎保育園を開設。
1945年・・・ 戦争激化の為事業継続が困難となり、保育事業及びその他の事業を中止して、施設を戸畑市に貸与。
1947年・・・ 戸畑市より隣光舎施設の返還を受け、隣光舎事業を再開。
1956年・・・ 戸畑バプテスト教会の協力により、隣光舎の伝道を進めることを目的に、「戸畑バプテスト教会隣光舎伝道所」が誕生。
1965年・・・ 「戸畑バプテスト教会隣光舎伝道所」において教会組織会議が開かれ、「北九州バプテスト教会」が誕生。
※名前の由来は、1964年に門司・小倉・戸畑・若松・八幡の5市が合併して北九州市が生まれ、その後第一番目にバプテスト教会として教会組織をしたことにある。
1966年・・・ 初代牧師に日笠進二師就任。日本バプテスト連盟に加入。
1968年・・・ 現在の地に教会堂を立て、「隣光舎」も新たに「ナオミ愛児園」として生まれ変わり継続される。
1976年・・・ 2代目牧師に古川正康師就任。
1992年・・・ 3代目牧師に野口哲哉師就任。
1999年・・・ 4代目牧師に平沢茂師就任。ナオミ愛児園の園長も兼務する。
2009年・・・ 建物の老朽化に伴い、教会堂を新築。
2011年・・・ 新たな年を迎え、戸畑の地にキリストの光を届けるため元気に活動中!!
2012年・・・ 5代目牧師に児玉一郎師就任。
北九州キリスト教会とは・・・?
プロテスタントの一グループである、バプテスト派の教会です。
戦前、アメリカの南部バプテスト宣教師であるナオミ・シェル先生が、「日本にキリストの光を届けたい」との思いから来日し、様々な方の協力のもと保育事業を始め、「隣光舎」という保育園が開設されました。戦後、戸畑バプテスト教会によって「隣光舎」の為の伝道所が作られ、その伝道所が教会として組織されました。それが今の「北九州キリスト教会」です。現在も、「隣光舎」を引き継いだ「ナオミ愛児園」の働きを大切に思い、戸畑の地にキリストの光を届けるための歩みを続けています。「北九州キリスト教会」は、今年で47年目を迎えました。









日本バプテスト 北九州キリスト教会